自分が楽しんで仕事をしているか?


お客様へのおもてなしの前に大事な事があります。
それは、自分自身が楽しんでいるか?ということです。

NLPでは、リソースフルという心の状態を表現します。
この心の状態とは楽しんでいる時に起こるものです。

だからこそ、この心の状態をうまくコントロール出来るようにします。


リソースフルとは、自分の心の中にある可能性を
十分に使いこなしている心の状態の事を指します。

この心の状態を上手くコントロールすることで、
出来る事が確実に増えていきます。

自分が楽しんでいないのに、
接客業でお客様の心を楽しませる事が、
できるようになるわけがありません。

そうなると、自分がリソースフルな状態を
探して、その状態を保つことが大事です。

しかし、ここで注意が必要です。

リソースフルな状態は、なろうとしてなるものではありません。
これは、人が人であることと関係していると言えるでしょう。

リソースフルな状態とは、あくまで状態です。
だからこそ、なるものではありません。

例えば、人は人であろうとしてありません。
なぜなら、すでに人であるからです。

NLPで言う所のリソースフルの状態も、
同じような事です。

リソースフルな状態になることは、できません。
だからこそ、リソースフルな状態とは、なるものではないからです。

そこで提案する事は、
自分の心を十分に観察することです。

このようなことができれば、
少しづつNLPのリソースフルな状態について、
詳しく知る事ができるようになってくることでしょう。

段々と、リソースフルな状態を知る事ができるのです。
とても大事な事です。

NLPを学ぶことで、リソースフルな状態を持つことができます。

お客様との信頼関係を築くことが出来る人の特徴


お客様の人間関係に気づくことが出来る人の特徴は、
自分の視点から物事を捉えるだけではなく、
別の視点からも物事を捉えることができるのです。


例えば、このような事を挙げることができるでしょう。

ある人はお客様を起こらせて、
また、ある人はお客様を満足させます。


この違いは、とても興味深いものです。

もしも、ご自身がお客様を起こらせてしまうタイプの人であったら、
お客様の事を喜ばせることが出来る人になりましょう。

その為に大事な事をこれから書いていきたいと思っています。



NLPを学ぶ中で、お客様との信頼関係を築く方法を知る事ができます。

信頼関係を築く中で大事な事とは、
相手の立場に立つことです。

もしも、この相手の立場に立つことが出来れば、
これまでにはなかった違いに気づくことができることでしょう。


相手の立場に立つこととは、
多くのことを知ることができるものだと思います。

その中の一つとして挙げることができるのが、
相手の気持の中に完全に入り込むことです。


これをNLPのテクニックの中でモデリングと言います。

モデリングとは、まさにイメージの中で、
相手をモデルにして、その人の中に入り込む事を言います。


もう少し、具体的に言いますと、
きぐるみを着るようにして、その人の中に入り込むのです。

そのようにすることで、
モデリングをした相手の心の中を知ることができます。

モデリングとは、NLPの基本的なテクニックなのですが、
とても効果的な結果をもたらすことできます。

このモデリングによって、お客様の心の状態を知ることができるでしょう。

よりよい人間関係の為のLABプロファイル


人間関係とは、とても困難なものです。

なぜ、この困難な状況が生まれてくるのでしょうか。
その背景には、多くの理由があることが考えられます。

例えば、相手の使っている言葉を理解していないことも、
人間関係で失敗してしまうことの一つの理由です。

なぜ、相手の言葉を理解していないことで、
人間関係の失敗が起こってしまうのでしょうか。

この違いについて、知ることが出来れば、
いい結果を産むことが出来るようになってくることでしょう。


例えば、NLPにはLABプロファイルと呼ばれているテクニックがありますが、
このNLPのテクニックはとても大きな違いを生み出すものです。

LABプロファイルの言葉には、大きく分けて、
2つの方向性の言葉の使い分を挙げることができます。

実際には、もっとたくさんの言葉の使い分の方法がありますが、
今回は、その中でも限られた言葉の使い方について、
紹介したいと思います。

今から私が文章でお伝えすることに、
気づかれる方もいらっしゃることと思います。


LABプロファイルの言葉の一つの使い方は、
問題が起こらないように考える際に、
使われる言葉です。

この言葉を使うことで、
これまでにはなかったことにも、
気づくことができることでしょう。


また、もう一つの言葉の使い方は、
目的を達成するときに使われる言葉の使い方です。


主に、この2つの言葉の使い方を
うまく使い分けることが出来れば、
いい結果を生み出すことができることと思います。

これまで以上に、その違いに気づくことができることと思います。

相手のニーズを知ることがマーケティングです

お客様は、何を求めているのでしょうか。
そのことに意識を向けることが、お客様との信頼関係の構築に、
役立つことは言うまでもありません。

しかし、その為に私たちは、お客様との接点を持つものとして、
何をすればいいのか?

自分たちができることを意識することです。

お客様に接することで、色々な可能性がありますが、
その中でも、特にフォーカスすることは、大事。

なぜなら、お客様との接点を持っていながら、
いざ大事な事になると、お客様の事に気づくことが、
できなくなってくることと思います。

それは、自分の頭で考えてしまうことから、
生まれてしまう弊害です。

お客様がほんとうに望んでいることは、
お客様自身が知っているのです。

しかし、そのことに中々気づくことができません。
そして、さらに最悪なことは自分の頭で考えてしまうことで、
本当に大事な事に気づくことができないことになるのです。

お客様との信頼関係の為には、相手が望んでいることに、
フォーカスすることが大事でしょう。

NLPの前提には、
「相手の反応がコミュニケーションの成果」という言葉があります。

この言葉が指し示すように、
こちらが良かれと思っても、相手がいいと思っていなければ、
全く意味をなさないのです。

コミュニケーションの本質とは、こんな所にあるのです。
このことに気づくことができることで、
これまで以上の事に気づくことができることでしょう。

実際に大事な事は、お客様の中にあるのです。

信頼関係を構築できる人は、お客様のニーズに、
心を向けている人です。

お客様は、何を求めているのか?

商品を買うのは誰でしょうか?

そうです。お客様です。
そうすると、おきゃくさまの為に商品を作ることが必要になります。

決して、会社組織の論理で、商品をつくってはいけないのです。

顧客第一なんて、言いますが、まさにそうです。
顧客視点から外れた企業は消えます。



最近になって、思うことですが、
企業にとって大事な事とは、顧客にイノベーションを届けることです。
いい商品ということです。

いい商品を顧客に届けることを忘れしまった企業は、
いい結果を持つことができないことでしょう。

その結果、別の結末が訪れます。
それは倒産です。


それは目標が明確ではない状態から生まれるものです。
NLPでも、目標の大切さについて語られますが、
NLPではなくても、目標の大切さはご存知のことかと思います。

NLPのアウトカムを教えて頂いた時に、
こんな事を言われました。

人の意識は限られている。目標は複数は持てない

NLPトレーナーさんのこの言葉は、とても心の残っています。
色々なものに手を出すことで、実際には多くのことを
得られなくなってしまうのです。

これが現実です。

ですので、社内調整を意識すると、
お客様への視点がなくなってしまいます。

そうすると、いい加減な事になってしまいます。

お客様への視点が大事です。

企業として大事にしていることを意識して、
NLPのアウトカムを意識するといいでしょう。

目標の持ち方一つで、企業はどちらにも倒れてしまいます。

どこにフォーカスしているか?





お客様との信頼関係を構築するには、自分がどの部分に意識を
向けているかを意識することが大事です。

その意識の向け方によって、多くのことに、
気づくことができるようになってくることでしょう。

信頼関係とは、1日2日でつくられるものではありません。
また、信頼関係は一瞬で崩れるものです。


一瞬で崩れる信頼関係です。
だからこそ、尊いものです。

大事にしたいと思うものですね。

例えば、自分自身の失敗でお客様に迷惑をかけてしまったとします。
そのような時に、どのような行動をとりますか?

この行動のとり方によって、
NLPで言うところのラポールがどのように変化するかが、
わかってきます。

ラポールがないとコミュニケーションがうまくできません。
だからこそ、このコミュニケーションのラポールを
しっかりと捉えることにしてみましょう。

そうすることで、お客様都の信頼関係は、
更に強固なものになっていくことでしょう。

その時に大事なことは失敗しないことでは、ありません。
相手への真摯な姿勢を持つことです。

この真摯な姿勢を持つことで、
これまでにはなかったことに気づくことができることでしょう。

相手へのリスペクトを忘れずに、
行動的なことができるようになってくるのです。

NLPのラポールは、説明するだけでしたら
とても簡単なものですが、実際に行動に移すとなると難しいものですね。

お客様とのラポールの構築には、NLPのテクニックだけではなく、
真摯な姿勢が欠かせないということです。




他に活きる道はない、という心の持ちよう





何ごとの結果であっても、自身の心の状態が、
結果に直結することが考えられます。

最後の一押しは、心の状態から、
生まれてくることは間違いのないことだと言えるでしょう。

この事に気づくことができるようになってくることで、
自分自身の心の状態が、見違えるようになってくることでしょう。


最終的な変化は、心の状態の変化から起こってくることは、
間違いのないことです。

最終的な詰めは、心の中で行なっていくものです。
ですので、NLPを学んだことで、そのことに気づけたことは、
わたしにとっては、とても大きな変化でした。

NLPを学んでいると、どうしてもテクニックに
偏向してしまうことがあります。

しかし、NLPをしっかりと学ぶことによって、
その問題は解決することができます。

すべては、心の状態が作れるものです。
NLPを学んでいることで、テクニックを追い求めてしまうことは、
とても困難なこととして、感じることができることでしょう。

NLPを学ぶこととは、その点では、とても効果的なものです。
テクニックに偏ってしまうことで、これまでにはなかったことに、
注力してしまうこともあるのではないでしょうか。

この事に気づくことができるようになってくることで、
自分自身の心の状態を高めて、お客様との信頼を構築することができます。


NLP心理学とは、とても面白いものです。
NLPとは、心理学の一つですが、コミュニケーション心理学と言われているように、
とても面白い側面を持っているものとして、挙げることができます。





信頼関係は、積み重ねから生まれるもの






商売で、一番大事な事は、
お客さまのリストだったりします。

それは、いろいろな経営コンサルタントの方が、
言われている言葉です。

しかし、それ以上に大事な事とは、
お客さまとの信頼関係だと思います。

いくらリストがあったとしても、
この信頼関係がないと、全く意味がなくなります。


NLPでは、信頼関係のことをラポールと言います。
この言葉を知っている人は、とても多いことと思います。

NLPを学ぶことによって、一番最初に学ぶことは、
ラポールかもしれませんね。

それぐらいに、とても重要なものです。
そして、NLPの前提の言葉もあります。

しかし、ラポールの方がわかりやすいでしょうね。


さて、このラポールですが、どのような事をして、
みにつけるものでしょうか。

一つは、いろいろな事に気づく事が出来ることと思います。
その結果として、いろいろな事に気づくのです。

まずは、その人個人の人間性です。
この人間性がないところで、ラポールを発揮しようと思っても、
中々いい結果を持つことができません。

さらに言うことが出来ることは、
そこからNLPのテクニックを学ぶことになります。

NLPを学ぶことによって、ラポールのテクニックを
学ぶことが出来るようになってくることとなります。

お客さまとのコミュニケーションを取るときには、
NLPのラポールを知ることができると思います。

そうすることによって、結果的にいろいろな事に気づく事でしょう。

NLPを学ぶことで、お客さまとの信頼関係を知ることができます。




お客さまとの失敗から学ぶこと







お客さまとのコミュニケーションの中で、
失敗してしまうことがあるのではないでしょうか。

その辺りのことを知ることが出来るようになってくる事で、
多くの可能性を知ることができるようになってきます。

その原因は、コミュニケーションが作ってるのです。
NLPを使って解決します。


コミュニケーションとは、人間関係の根底をなしているものです。
この事が見えるようになってくることで、
多くの可能性を知ることが出来るようになってくる事でしょう。

お客さまとコミュニケーションで失敗してしまう時は、
たいていのばあいは、自分自身にその問題があるのです。

この事に気づく事ができるようになってくると、
これまでにはなかった事ができるようになってくるでしょう。

しかし、逆にその問題点を自分自身の中にあると、かんがえるのではなく、
相手の中に捉えてしまうと、さらに失敗が大きくなってしまうでしょう。

この違いについて、知る事ができるようになってくることで、
多くの可能性を知る事ができるようになってくる事でしょう。

自分自身が思っている以上に、その事は大事な事です。

NLPの前提のコトバで、
わたしが好きなコトバがあります。

「コミュニケーションの成果が、すべての結果」

この言葉が意味する事を考えてみると、
とてもいい結果を持つことが出来るようになってくることでしょう。

NLPは、コミュニケーションのためにあると言ってもいいでしょう。
NLPの考え方を知っているだけでも、いい可能性を持つことが、
できるのではないでしょうか。




NLPのキャリブレーションで相手の反応を知る








NLPの言葉には、キャリブレーションと言われている単語があります。
この言葉は、NLPの中では、とても基本的なものですが、
とても抽象度が高いために、なんだかよくわからないことがあります。

そのようなときの為に、別の視点を持つ事が、
できるようになってくるのですが、その事については、
持つことができるようになってきます。

キャリブレーションとは、人の言葉や体調の変化を
感じ取る機微の事を言います。

この違いを知ることができるようになってくると、
自分自身の可能性を知ることができるようになってきます。

とても面白いテクニックであると言ってもいいでしょう。


例えば、このキャリブレーションですが、
NLPを福岡市で教えているNLPトレーナーの方が、
面白いことを仰っていました。

キャリブレーションを持つことができるようになってくる事が、
できるようになってきます。

少しづつ、自分自身の能力を向上させることが、
できるようになってきます。

キャリブレーション能力は、段々と上がっていくこととなります。

キャリブレーション能力は、自分自身の心の形を知るときには、
多くのことを学ぶことができるようになってきます。

ですので、NLPを福岡市で教えているNLPトレーナーさんは、
この事をよくよく考えて、生活をしているようです。

この事がわかってくることで、多くのことを
学ぶことができるようになってきます。

人の気持ちについて知ることができますし、
なんといっても、自分自身の心のかたちを知ることもできるようになります。